キャッシング機能がついているクレジットカード

クレジットカードに付帯しているサービスにキャッシングというものがあります。

クレジットカードの本来的なあり方を考えた時には、キャッシングサービスとは全く別ものであることは、理解できるのではないでしょうか。

クレジットカードをキャッシングにも使いたいという人に対して、カード会社が審査をするという形になっています。

クレジットカードというのは買い物をする時に、現金支払いの代わりに利用するのが、通常の使い方です。

キャッシングとは、クレジットカード会社からお金を借りることですので、カードを使った支払いとは全く別のものになります。

クレジットカードのキャッシング機能は、新規でカードをつくる時に、キャッシング機能の付帯希望を出すことによって可能になります。

ちなみにこの機能を付与することによって何かデメリットがあるのかといえば、特に手数料が掛かることでは無いので、心配することはありません。

クレジットカードをキャッシングに使う時には、金利を確認しておきましょう。

消費者金融会社のキャッシングサービスと比較すると、クレジットカードのキャッシングを使った時は、金利が高めに設定されています。

法令で決められている限度ぎりぎりの金利になっている場合が多いので、利用する際には注意が必要です。

金利が高いということを考えれば、他の金融会社から融資を受けたほうが結果的に得になることもありますので、余裕があるうちに調べておくのもいいでしょう。

不測の事態が生じるなどして、すぐにでもお金を用意しなければいけないという状況になった時は、クレジットカードのキャッシング機能が便利です。