亜鉛をサプリメントで摂取する時の注意すべき点

亜鉛のサプリメントを使うことで、亜鉛の少ない食事をしている人でも不足を解消できます。

亜鉛は不足しやすいミネラルですが、特に加工食品やファストフードなどをよく食べている人は、不足しやすいと言われています。

亜鉛を多く必要とする人として、お酒をよく飲む人、たばこを吸う人が上げられます。

体内の解毒に亜鉛を使うためです。

もしもサプリメントで亜鉛を補給するなら、認識して起きたい事柄が存在しています。

リン、フィチン酸、シュウ酸と一緒に亜鉛を摂取すると吸収が阻害されます。

レトルト食などの加工品にはリンが、葉物野菜にはシュウ酸が、未精製の穀物にはフィチン酸が多く存在するため気をつけましょう。

これらの食品と亜鉛サプリメントを同時に摂ると、吸収効率が下がります。

反対に亜鉛と一緒に摂取をすると吸収がよくなるのはビタミンCなので、生野菜や果物などビタミンCを含む食事と一緒にサプリメントを飲むと吸収を助けてくれます。

ビタミンCのサプリメントと、亜鉛のサプリメントを同時に飲むことで、亜鉛の吸収をサポートするという方法もありますし、ビタミンC入りの亜鉛サプリメントも人気です。

サプリメントで亜鉛をたくさん摂っても、そのせいで身体に不具合が起きることは少ないといいます。

しかし、慢性的に亜鉛を過剰に摂取していると銅の吸収が妨げられて、それにより貧血、免疫障害、神経症状などが現れることがあるので注意が必要です。

気軽に使えるサプリメントは、度を超して飲んでしまうこともあるので、説明書きの内容はきちんと守りましょう。