サプリメントを飲むのに適した時間やタイミング

医師から処方されるような薬は、1日のうちにいつ、どの量を飲むべきか指示があるので、その通りに服用すればOKです。

薬と違って、サプリメントは摂取する時間がきちんと書かれていないことから、判断がつかなくなるという方もいます。

はじめてサプリメントを利用する時に、どのタイミングで摂取すれば良いのか分からないというケースがよくあります。

効率的にサプリメントを使いたいという時には、飲む時間を一体どのように考えればいいものなのでしょうか。

まず、ビタミンのサプリメントについては、脂溶性ビタミンであるビタミンA・D・E・Kの場合は、空腹時は吸収されにくいため食事中か、または食後すぐのタイミングでサプリメントを摂取するとよいとされています。

ビタミンB群や、ビタミンCは水溶性なので、一度にたくさん摂取すると汗や尿と共に身体から排出されてしまいます。

体内の濃度が高くならないように、何度かに分けて摂取しましょう。

ビタミンCは、寝ている間に体内に取り入れられる分が多いことから、寝る前にビタミンCのサプリメントを摂取するといいでしょう。

食後から食後2時間くらいにカルシウムやマグネシウムのサプリメントを飲むと、食べたものが消化されづらくなる可能性がありますので、その時間に関わらないようにして飲みましょう。

マグネシウムのサプリメントに関しては、体内濃度が早朝と午後3~5時あたりに低下しやすいため、その時間帯に摂取するとよいと言えます。

アミノ酸サプリメントを摂取する時は、食事の前後は避けたほうがいいようです。

食べ物に含まれているたんぱく質のほうを先に消化するためです。

ですので、アミノ酸のサプリメントは食前30分か食後2~3時間、あるいは就寝前などに摂取するとよいでしょう。

ほとんどのサプリメントは、1日のうちのいつ飲めばいいかかはっきり決まってはいませんが、成分によっては効果の発揮ぶりが変わるものが存在します。