サプリメントによって飲む時間は違いがある場合があるので要注意

1日の規定量を守れば、サプリメントを飲む時間帯に指定はないと言われています。

医師から処方される薬と違って、サプリメントは食べ物の延長線上に位置する栄養補助食品ですので、いつ飲んでも問題はないとされています。

ただし、どの時間帯に飲むかでサプリメントの効果の現れ方が異なるものもありますので、知っておくといいでしょう。

体脂肪の代謝や、睡眠のサポート、日焼け止めなど、サプリメントの機能によって、決まった時間に飲んだほうがいいものがあります。

お腹に物が入っていない時に鉄剤を飲むことで、効果を高めることができます。

身体に効果的に吸収されるには、鉄剤は食事の前後はできるだけ避けるといいでしょう。

睡眠用のサプリメントは、眠りにつきたい時間帯の1~2時間前から摂取して、身体のコンディションを整えることが大事です。

食事を摂る30分から1時間前に脂肪の燃焼を活発にするサプリメントを摂取しておくことで、体脂肪を蓄積しすぎない食事の摂り方が可能になります。

サプリメントで、マルチビタミンや、マルチミネラルを摂取し続けて健康に役立てている人もいますが、そういう時は時間に指定は特に何もありません。

サプリメント本来の性質をうまく生かせるような飲み方をしたほうが、効果も高まります。

新しくサプリメントを使う時には、使用上の注意や、商品の説明に目を通し、飲み方をどうすれば長期的に使い続けることができるかを考えましょう。

併用する薬や、違うサプリメントによってトラブルが起きないかを把握することも、重要なことといえます。