水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンのサプリメントからの上手な摂り方

ビタミンB群やビタミンCは水溶性で、水に溶けます。

水ではなく油に溶けるビタミンは脂溶性です。

水溶性のビタミンは、使い切れなかった分が体外に排出されるという性質を持っている成分です。

従って、サプリメントでビタミンを摂る時は過剰にならないように気をつけることが大事です。

サプリメントは外出時でも携帯できるので、飲み忘れもしにくく大変便利です。

栄養成分が濃縮されているので一度に大量に摂ることもできますが、使い切れなかった分は出ていってしまうので、飲んだ意味がありません。

いくら健康に役立つといっても、使いすぎては意味がありませんので、正しい量を飲むことが大事といえます。

体内で、常時ビタミンが機能しているようにしたいなら、一度に飲まずに、複数回に分けて飲むべきでしょう。

サプリメントは、好きなタイミングで摂取できるという強みがありますが、ビタミンの吸収率の良さを考慮に入れた場合、食後の摂取が効果的だといいます。

油に溶ける脂溶性ビタミンの主なものは、ビタミンA、E、D、Kなどがあります。

排泄されにくい性質があるので、サプリメントで摂取をする場合は過剰摂取にならないように注意が必要です。

油と共に摂取することで脂溶性ビタミンの吸収率は高まります。

油分のある食事を摂る時にサプリメントを摂取するといいでしょう。

どちらもビタミンのサプリメントですが、脂溶性と水溶性とでは性質が異なっていますので、飲み方も工夫することが大事です。